盤司盤三郎(読み)ばんじばんざぶろう

百科事典マイペディアの解説

盤司盤三郎【ばんじばんざぶろう】

一名大なんじ小なんじ。狩人が秘巻として所持した《山立根本巻(やまだちこんぽんのまき)》に語られる兄弟。日光権現赤城明神と争った際,助勢した功により全国を自由に狩猟することを許された。また山の神の出産に際し,兄の大なんじは助力拒絶,弟の小なんじは助力した報い山の幸を得たともいい,以後狩人は弟の名を呼ぶと獲物に恵まれるとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android