拒絶(読み)きょぜつ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょ‐ぜつ【拒絶】

〘名〙 相手の要求や希望をこばむこと。はねつけ否定すること。ことわること。〔布令字弁(1868‐72)〕
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「朝廷之を拒絶して廟堂に登るを得せしめず」 〔後漢書‐陳寵〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょ‐ぜつ【拒絶】

[名](スル)相手の頼みや要求をこばむこと。「要求を拒絶される」「面会拒絶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android