コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盤根錯節に遇いて利器を知る バンコンサクセツニアイテリキヲシル

1件 の用語解説(盤根錯節に遇いて利器を知るの意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

盤根錯節に遇いて利器を知る

処置の困難な問題にぶつかった時にこそ、その人物の価値が分かること。「盤根錯節」は樹木の根や枝幹がねじれてごつごつしている様子、「利器」はよく切れる刃物のこと。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盤根錯節に遇いて利器を知るの関連キーワード乾生植物ぶつかり稽古一席ぶつこそこそ話困難二仏二物不屈油鉢こそめ・く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone