コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目なし経 めなしきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目なし経
めなしきょう

白描の物語下絵の上に写経したもの。 12世紀後半の作。下絵の人物のほとんどに目鼻がかきこまれていないことからこの名がある。『金光明経』2,3,4巻と『般若理趣経』の4巻が現存し,文化庁,東京国立博物館その他に分蔵される。建久3 (1192) 年,後白河院追善供養のため物語絵の下絵を料紙に用いて写経したことが『理趣経』の巻の奥書より知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

目なし経の関連キーワード白描

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android