コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白描 ハクビョウ

百科事典マイペディアの解説

白描【はくびょう】

白描画,白画とも。描線を主体とし墨一色で描いた絵。わずかに淡彩を施したものもある。平安期には僧侶が白描図像を多く描いた。その系譜を引く《鳥獣戯画》や,《枕草子絵巻》《随身庭騎絵巻》などが有名で,中国では李公麟の《五馬図》が代表的。
→関連項目絵巻嗚呼絵減筆黄道周水墨画銭選作絵梁楷

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はくびょう【白描】

東洋画で、墨一色の線あるいは淡彩を加えて描いた絵、また、その技法。漢画に見られる線描の竹の絵の類で、中国では唐代に発達。日本では平安時代から大和絵の白絵しらえとして行われ、鎌倉時代には繊細で精緻な白描大和絵の絵巻物がつくりだされた。すがき。白描画。白画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白描の関連キーワード大東急記念文庫隆房卿艶詞絵巻信海(1)豊明絵草紙将軍塚絵巻円心(1)吉川霊華二条為重目なし経五部心観吹抜屋台荘園絵図引目鉤鼻明石海人白描画絵巻物趙孟堅源氏絵漢画心覚

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白描の関連情報