コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白描 ハクビョウ

3件 の用語解説(白描の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐びょう〔‐ベウ〕【白描】

東洋画で、墨1色を用い、筆線を主体として描く技法。また、その絵。中国では代に発達。日本では平安時代以降に盛行し、鎌倉時代には繊細な美しさを持つ白描大和絵様式の絵巻類がつくられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白描【はくびょう】

白描画,白画とも。描線を主体とし墨一色で描いた絵。わずかに淡彩を施したものもある。平安期には僧侶が白描図像を多く描いた。その系譜を引く《鳥獣戯画》や,《枕草子絵巻》《随身庭騎絵巻》などが有名で,中国では李公麟の《五馬図》が代表的。
→関連項目絵巻嗚呼絵減筆黄道周水墨画銭選作絵梁楷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

はくびょう【白描】

東洋画で、墨一色の線あるいは淡彩を加えて描いた絵、また、その技法。漢画に見られる線描の竹の絵の類で、中国では唐代に発達。日本では平安時代から大和絵の白絵しらえとして行われ、鎌倉時代には繊細で精緻な白描大和絵の絵巻物がつくりだされた。すがき。白描画。白画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白描の関連キーワード墨絵白描画白画バビットメタル描画描線鉤勒ランニングラグビーDiscussion

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白描の関連情報