コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目に障る メニサワル

デジタル大辞泉の解説

目(め)に障・る

目の毒になる。転じて、見て不愉快になる。「相手の一挙手一投足が―・る」
視界を妨げる。
「千巌の嶺―・り」〈海道記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めにさわる【目に障る】

目にとって、良くない。また、見ると不愉快になる。
視界をさえぎる。 「東には-・る物もなく/浴泉記 喜美子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目に障るの関連キーワード一挙手一投足目・眼視界

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android