一挙手一投足(読み)イッキョシュイットウソク

  • いっきょしゅ
  • 一投足(いっとうそく)
  • 一挙手

デジタル大辞泉の解説

韓愈「応科目時与人書」から。一度手を挙げ、一度足を踏み出す意》
こまかな一つ一つの動作や行動。「一挙手一投足に気を配る」
ちょっとした努力。わずかな骨折り。「一挙手一投足の労を費やす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① (一度だけ手を挙げ、足を動かす意から) わずかばかり骨を折ること。少しの努力。
※春潮(1903)〈田山花袋〉三「如何なる大事業をも一挙手一投足の労を言はぬばかりの希望の光明が認められなければならぬ筈であるが」 〔韓愈‐応科目時与人書〕
② 細かい一つ一つの動作や行動。行動のすべて。一挙一動。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉三「其一挙手一投足は国家即ち寧ろ政府の指令を仰がざる可らざるに至らしめたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一挙手一投足の関連情報