コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目の白子 めのしらこAlbinism

翻訳|Albinism

家庭医学館の解説

めのしらこ【目の白子 Albinism】

[どんな病気か]
 色素(しきそ)がつくられる過程で、先天的(生まれつき)に皮膚メラニン細胞メラニン色素が欠けているか不足し、皮膚が真っ白に見えるのが白子です。
 全身の皮膚と目の両方で色素が欠損しているものを全身白子といいます。先天異常が原因で、皮膚は桃色、毛髪は白ないし薄茶色となります。
 程度の軽いものは皮膚に異常がなく、目のみに白子症が生じます。これが目の白子です。
[症状]
 虹彩(こうさい)が白ウサギの目のように桃色で、眼底は明るく赤く見えます。頭髪、まゆげ、まつげは白色です。光をひどくまぶしがり(羞明(しゅうめい))、弱視(じゃくし)、眼振(がんしん)(黒目(くろめ)の震(ふる)え)をともないます。
[治療]
 残念ながら治療法はありません。羞明を防ぐためには、色つきのコンタクトレンズや遮光(しゃこう)めがねが使用されます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

目の白子の関連キーワードメラニン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android