目標走性(読み)もくひょうそうせい(英語表記)telotaxis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「目標走性」の解説

目標走性
もくひょうそうせい
telotaxis

保目標性ともいう。走光性の一形式で,をもった動物が,あたかも目標にうかのように1つの刺激源 (光点) に向って定位,前進するもの。転向走性と異なって,左右両眼への光の強さのバランスによって「舵取り」がなされるのではなく,また2個の光源で照射した際にも,そのうち一方のみを選択して進む。この選択は中枢神経系での機構による。アミなどの甲殻類では,柄の先に球形複眼があるため正負両方の目標走性が現れるが,多くの昆虫ではうしろからの光は入らないため,正の目標走性のみが起る。現在確実に認められている目標走性は,ほとんど光に関したもののみである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android