目黒 和三郎(読み)メグロ ワサブロウ

20世紀日本人名事典の解説

目黒 和三郎
メグロ ワサブロウ

明治・大正期の神官 竜田神社宮司。



生年
慶応1年6月14日(1865年)

没年
大正12(1923)年10月23日

出生地
相模国中郡大山町(神奈川県)

学歴〔年〕
専修学校(現・専修大学)卒

経歴
明治12年から権田直助に師事して国典を修める。皇典講究所、専修学校経済科を卒業して、22年富山県尋常中学校助教諭となり、23年創設と同時に国学院講師に転じるが、郷里の神奈川県大山に帰り町長を務める。36年国学院主事兼皇典講究所幹事となる。この頃から出版に関わり、国書の刊行を行う。41年東京市府社金刀比羅宮社司、大正3年郷里・大山の阿夫利神社、8年奈良の竜田神社、10年大神神社の宮司を務めた。著書に「神社参拝の真義」「大日本国民訓」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android