直山大夢(読み)なおやま たいむ

美術人名辞典の解説

直山大夢

俳人。通称宗四郎、号は槐庵六世・忘庵・南無庵三世。加賀金沢の人。槐庵大常に師事する。藩の算用場勤務を辞して寺子屋を開き子弟を教導した。著書に『能登めぐり』『東遊日記』等がある。明治7年(1874)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直山大夢 なおやま-たいむ

1794-1874 江戸後期-明治時代の俳人。
寛政6年生まれ。加賀金沢藩の算用場につとめたのち,寺子屋をひらく。俳諧(はいかい)を成田蒼虬(そうきゅう),槐庵(かいあん)5代大常,桜井梅室にまなび,大常から槐庵6代を,蒼虬から南無庵および夫木庵を,梅室から忘庵の号をついだ。明治7年2月16/17日死去。81歳。通称は宗四郎。著作に「東遊日記」「能登巡(のとめぐり)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android