コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井梅室 さくらい ばいしつ

美術人名辞典の解説

桜井梅室

江戸後期俳人。加賀金沢生。初号は雪雄、別号は素芯・方円斎・陸々等。俳諧を馬来闌更に学び、成田蒼*に兄事。花之本宗匠の称号を得る。『梅室家集』『梅室両吟集』等の編著がある。天保三大家の一人。嘉永5年(1852)歿、84才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐ばいしつ〔さくらゐ‐〕【桜井梅室】

[1769~1852]江戸後期の俳人。加賀の人。名は能充。高桑闌更(たかくわらんこう)の門下。著「梅室附合集」「梅林茶談」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井梅室 さくらい-ばいしつ

1769-1852 江戸時代後期の俳人。
明和6年11月27日生まれ。桜井能監(よしかた)の父。刀研(かたなとぎ)師をしながら上田馬来に俳諧(はいかい)をまなび,寛政12年槐庵をつぐ。成田蒼虬(そうきゅう)に兄事し,嘉永(かえい)4年「花の下(もと)宗匠」の称号をえた。嘉永(かえい)5年10月1日死去。84歳。加賀(石川県)出身。名は能充。別号に雪雄,素芯,素信,方円斎など。句集に「梅室両吟集」「梅室家集」など。
【格言など】桐の木や雨のながるる蝉の腹(「梅室家集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらいばいしつ【桜井梅室】

1769~1852) 江戸末期の俳人。金沢生まれ。刀研を業としたが、俳諧を馬来ばらいに学ぶ。天保三大家の一人とされるが、句風は月並調。著「梅室家集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桜井梅室
さくらいばいしつ

[生]明和6(1769).11.27. 金沢
[没]嘉永5(1852).10.1. 京都
江戸時代後期の俳人。幼名,次郎作。名,能充。別号,雪雄,素芯,素信,方円斎,陸々山人。京都から江戸,さらに京都に移り住む。「花の本 (もと) 宗匠」の称を得,作法を簡略化して衆俗に迎合する傾きがあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桜井梅室
さくらいばいしつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

桜井梅室 (さくらいばいしつ)

生年月日:1769年11月27日
江戸時代中期;後期の俳人
1852年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の桜井梅室の言及

【梅室】より

…江戸後期の俳人。姓は桜井,名は能充。幼名は次郎作。初号は雪雄,別号は素蕊(信),方円斎,陸々など。金沢の人。刀研師として加賀藩に仕える。希因門の父雪館に就いて幼時より俳諧に遊ぶ。16歳のころ闌更の門に入り,のち師から槐庵の号を得た。致仕後京に出て俳諧に励み,1834年(天保5)ころまでの10余年間,抱儀の招きで江戸に住む。のち京に戻って定住し,風交を広め,貴顕と交わり,51年(嘉永4)に二条家から〈花の下(もと)〉宗匠の称号を贈られた。…

※「桜井梅室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桜井梅室の関連キーワード成田蒼きゅう俳句(文学)神保判太夫大原其戎桜井能監寺田礪山牧岡天来長嶋蒼山生年月日中江晩籟岸田稲処横沼素兄直山大夢高桑闌更黒田武亥岸田素屋幸塚野鶴鳥山平山田川鳳朗梅田年風

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android