成田蒼虬(読み)なりた そうきゅう

  • なりたそうきゅう
  • なりたそうきゅう〔サウキウ〕
  • 成田蒼虬 なりた-そうきゅう

美術人名辞典の解説

江戸後期の俳人。加賀生。名は利定、通称は久左衛門、別号に槐庵・芭蕉堂等。全国を行脚し、京都八坂に対塔庵を結んだ。天保13年(1842)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1761-1842 江戸時代後期の俳人。
宝暦11年生まれ。もと金沢藩士。高桑闌更(らんこう)門の上田馬来にまなぶ。のち京都にいき闌更に師事し,芭蕉堂後継者となる。全国をめぐりあるき天保(てんぽう)俳壇の重鎮として活躍。天保13年3月13日死去。82歳。加賀(石川県)出身。名は利定。通称は彦助,久左衛門。別号に槐庵,南無庵,対塔庵。句集に「蒼虬翁句集」など。
【格言など】いつ暮れて水田の上の春の月(「訂正蒼虬翁句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

1761~1842 江戸後期の俳人。名は利定。金沢の生まれ。別号、芭蕉堂二世・南無庵二世・対塔庵。高桑闌更門。天保三大家の一といわれた。著「対塔庵蒼虬句集」「蒼虬翁句集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸後期の俳人。南無庵二世・対塔庵。加賀国(石川県)金沢の人。高桑闌更に俳諧を学び、闌更没後は芭蕉堂二世を継いだ。句集に「蒼虬翁句集」「蒼虬翁俳諧集」など。宝暦一一~天保一三年(一七六一‐一八四二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の成田蒼虬の言及

【蒼虬】より

…江戸後期の俳人。姓は成田。通称は彦助。本名は久左衛門利定。金沢の人。加賀藩士,弓馬術の達人。1790年(寛政2)に京都の闌更に師事し,洛東山双林寺中に住む。師の没後遺志に従い,芭蕉堂2世を継ぐ。のち南無庵と称し,梅室とともに京俳壇を二分する地位につき,鳳朗を加えて天保の三大家と言われた。1830年(天保1)に芭蕉堂を千崖に譲り,のち八坂に対塔庵を結んで俳壇を退いた。遅吟の質で刻苦勉励に努め,門人への指導も厳しかった。…

※「成田蒼虬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android