コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田蒼虬 なりた そうきゅう

美術人名辞典の解説

成田蒼虬

江戸後期の俳人。加賀生。名は利定、通称は久左衛門、別号に槐庵・芭蕉堂等。全国を行脚し、京都八坂に対塔庵を結んだ。天保13年(1842)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なりた‐そうきゅう〔‐サウキウ〕【成田蒼虬】

[1761~1842]江戸後期の俳人。金沢の人。名は利定。高桑闌更(たかくわらんこう)に学び、師の没後、京都に出て東山双林寺の芭蕉堂を守り、各地を遊歴。句集「蒼虬翁句集」「蒼虬翁俳諧集」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田蒼虬 なりた-そうきゅう

1761-1842 江戸時代後期の俳人。
宝暦11年生まれ。もと金沢藩士。高桑闌更(らんこう)門の上田馬来にまなぶ。のち京都にいき闌更に師事し,芭蕉堂後継者となる。全国をめぐりあるき天保(てんぽう)俳壇の重鎮として活躍。天保13年3月13日死去。82歳。加賀(石川県)出身。名は利定。通称は彦助,久左衛門。別号に槐庵,南無庵,対塔庵。句集に「蒼虬翁句集」など。
【格言など】いつ暮れて水田の上の春の月(「訂正蒼虬翁句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なりたそうきゅう【成田蒼虬】

1761~1842) 江戸後期の俳人。名は利定。金沢の生まれ。別号、芭蕉堂二世・南無庵二世・対塔庵。高桑闌更門。天保三大家の一といわれた。著「対塔庵蒼虬句集」「蒼虬翁句集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の成田蒼虬の言及

【蒼虬】より

…江戸後期の俳人。姓は成田。通称は彦助。本名は久左衛門利定。金沢の人。加賀藩士,弓馬術の達人。1790年(寛政2)に京都の闌更に師事し,洛東山双林寺中に住む。師の没後遺志に従い,芭蕉堂2世を継ぐ。のち南無庵と称し,梅室とともに京俳壇を二分する地位につき,鳳朗を加えて天保の三大家と言われた。1830年(天保1)に芭蕉堂を千崖に譲り,のち八坂に対塔庵を結んで俳壇を退いた。遅吟の質で刻苦勉励に努め,門人への指導も厳しかった。…

※「成田蒼虬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成田蒼虬の関連キーワード海老原新甫蓑虫庵猪来直山大夢河村公成田川鳳朗守村抱儀桜井梅室中江晩籟八木芹舎中島黙池寺島杜蓼織田風石鈴木素楓小島文器堤梅通虚白自明

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android