直角プリズム(読み)ちょっかくプリズム(英語表記)rectangular prism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直角プリズム
ちょっかくプリズム
rectangular prism

頂角が直角になったプリズムで,全反射を利用して光の進行方向を直角に曲げるか,2回反射させて 180度曲げて逆進させるのに使われる。いずれの場合も全反射を利用しているので鏡よりも反射効率がよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょっかくプリズム【直角プリズム】

直角二等辺三角形を底面とする三角柱状のプリズム。光の方向を90度または180度変える。双眼鏡などの光学器械に利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょっかく‐プリズム チョクカク‥【直角プリズム】

〘名〙 (プリズムはprism) 頂角が九〇度の二等辺三角柱形のプリズム。光学機械で、光線の方向を変えるのに利用される。全反射プリズム。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直角プリズムの言及

【プリズム】より

…(2)偏角プリズム 光線束の方向を変えたり,像を正立させるのに用いるもので,全反射を利用する場合が多い。図2に示したのは頂角が90゜の直角プリズムを用いて,1回の全反射を利用して方向を90゜変える場合と2回の反射によって180゜変える場合である。金属鏡に比べ,反射率が高く,表面の汚れを取り除くのが容易である。…

※「直角プリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android