コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直近効果

1件 の用語解説(直近効果の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

直近効果

・人事評価時に評価者が陥りやすいエラーで、ハロー効果の一種である。
・考課対象期間に渡って評価するのではなく、評価するタイミングの直近の事象(業績や態度、行動等)に引きずられて評価してしまうことを指す。
・原因として、被評価者を評価するための情報が少なすぎるため(適切に評価出来ないため)に、直近の事象をもって評価してしまうことなどが考えられる。
直近効果は、人事評価における正当な評価との乖離を意味し、人事評価時に評価者が留意する事項の一つとして用いられる(本来は評価対象期間全てを評価する基本原則との乖離)。
・直近効果の予防策としては、部下の行動や実績に関する事象を、日ごろから書き留められるようなチェックツールを作成し、活用することである。
・尚、類似する効果で期末効果が存在する。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直近効果の関連キーワード外国人研修制度寛大化/厳格化傾向評価者訓練逆算化傾向期末効果厳格化傾向対比誤差中央化傾向/中心化傾向分散化傾向 (極端化傾向)論理的誤差

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone