コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互比例の法則 law of reciprocal proportion

法則の辞典の解説

相互比例の法則【law of reciprocal proportion】

A,B二種の元素が第三の元素Cの一定量と化合するときには,AとBの質量の比は,AとBとが直接化合するときの比に等しいか,あるいは簡単な整数倍となる.リヒター(J. B. Richter)が1792年に見いだしたもので,これから化学当量の概念が導かれ,さらに原子説の実験的根拠となった.リヒターの法則*ヴェンツェルの法則*と呼ばれることもある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

相互比例の法則【そうごひれいのほうそく】

ある元素の一定質量と,他の2種の元素とが別々に化合するとき,その化合する質量の比は,後者の2元素が互いに直接化合するときの質量の比に等しいか,またはこれと簡単な整数比となる,という法則。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

相互比例の法則の関連キーワードヴェンツェルの法則リヒターの法則ヴェンツェル重量の法則カーワン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android