化合(読み)カゴウ

  • combination
  • かごう クヮガフ
  • かごう〔クワガフ〕

大辞林 第三版の解説

スル
二種以上の元素の原子が化学結合により結合すること。また、二種以上の純物質から一種類の純物質を生ずること。 水素と酸素が-して水になる
異質のものがまざり合って新しいものができること。 自然がロマンチシズムから分解することは写実主義と-することであつた/文芸上の自然主義 抱月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 二種以上の原子が互いに化学結合によって結合すること。二種以上の物質から、もとの物質と性質の違った新しい物質ができること。
※小学化学書(1874)〈文部省〉一「其燃ゆるに方て蝋の質と大気中の酸素と化合し炭酸及水となり」
② (比喩的に) あるものが強く結びついて新しいものができることをいう。
※死(1898)〈国木田独歩〉六「これは唯だ生命を希(こひねが)ふ生物的本能が恩愛の情と化合(クヮガフ)して発する死者に対する同情たるに過ぎない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

2種類以上の単体もしくは化合物から,1種類の化合物を生成する化学変化.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化合の関連情報