コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化型記録 そうへんかがたきろく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化型記録

高温を与えると結晶構造が壊れ非結晶化(アモルファス)、それより低い温度を与えて冷却すると、再び結晶化するという特質を持つ金属を記録層に用い、両状態の反射率の差を用いて情報の記録を行う方式。この差が記録層に直接ピット(くぼみ)を作るプレスCD/DVDなどより小さいため、読めないドライブが発生する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android