コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化型記録 そうへんかがたきろく

1件 の用語解説(相変化型記録の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化型記録

高温を与えると結晶構造が壊れ非結晶化(アモルファス)、それより低い温度を与えて冷却すると、再び結晶化するという特質を持つ金属を記録層に用い、両状態の反射率の差を用いて情報の記録を行う方式。この差が記録層に直接ピット(くぼみ)を作るプレスCD/DVDなどより小さいため、読めないドライブが発生する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相変化型記録の関連キーワード結晶化結晶学結晶構造結晶化学結晶化度非結晶性ポリマー不完全結晶結晶ショ糖結晶ブドウ糖底部結晶作用

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone