コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対的生物学的効果比 そうたいてきせいぶつがくてきこうかひrelative biological effectiveness; RBE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相対的生物学的効果比
そうたいてきせいぶつがくてきこうかひ
relative biological effectiveness; RBE

ある特定の生物学的効果を引起すために必要な放射線吸収線量は,放射線の種類によってそれぞれ異なる。相対的生物学的効果比とは,各種の放射線の吸収線量の有効性を比較するために導入された比率である。基準となるX線が,ある生物学的効果を生じるのに必要な吸収線量を1とし,これを,比較しようとする放射線が同じ効果を生じるのに必要な吸収線量で割ることによって,効果比の比率が得られる。基準放射線 ( 60Co や 137Cs のγ線) の生物学的効果を1とすると,β線は同様に1,100~200キロボルトピークX線は 1.2,中性子線5,α粒子線 10,反跳原子 20となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone