コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相李田次麻呂 しょうりの たすきまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相李田次麻呂 しょうりの-たすきまろ

?-? 奈良時代の絵師,仏師。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)東大寺の三論宗第三厨子(ずし)の彩色,天平宝字4年観世音菩薩像の造立に従事し,絁(あしぎぬ)をうけた。東大寺金堂の塑造四天王像の作者とされる。伎楽面作者の相李魚成(うおなり)と同族ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

相李田次麻呂の関連キーワード天平勝宝奈良時代仏師

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android