コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相李魚成 しょうりの うおなり

2件 の用語解説(相李魚成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相李魚成 しょうりの-うおなり

?-? 奈良時代の伎楽面作家。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)の東大寺大仏開眼会(かいげんえ)に使用された伎楽面を制作。正倉院,東大寺に木彫,乾漆の作品が現存する。将李ともかき,「ぎょせい」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

相李魚成

生年:生没年不詳
奈良時代の伎楽面作者。将李魚成とも書く。東大寺と正倉院にのこる木彫および乾漆造の面および面袋にその名が記され,また天平勝宝4(752)年4月9日の年記も認められることから,東大寺大仏の開眼供養会に使用された伎楽面を造ったことが知られる。銘記によりその作とわかる面は,正倉院に力士1面,太孤父1面,酔胡従7面の計9面と,面袋5点,東大寺に酔胡従1面がある。木彫と乾漆の両方の技法をこなし,木彫面には「将」李,乾漆面には「相」李と区別して銘記している。作風は,肉どりや表情の写実的把握に卓抜した技量をみせ,当代を代表する伎楽面作者のひとりとみなされる。<参考文献>石田茂作『正倉院伎楽面の研究』,正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相李魚成の関連キーワード伎楽伎楽面伎楽師延均師大田倭麿忍坂福貴基永師財福師捨目師相李田次麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone