伎楽面(読み)ぎがくめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伎楽面
ぎがくめん

伎楽用の仮面推古 20 (612) 年,百済の味摩之 (みまし) が将来したといわれる。法隆寺に伝えられた引面 (東京国立博物館,法隆寺宝物館) ,東大寺大仏開眼会 (752) に用いられたという正倉院の 164面,東大寺の 33面などが現存し,世界最古の仮面といわれる。これらの面作者として,遺作に在銘将李魚成 (しょうりのうおなり) ,基永師延均師捨目師財福師が知られる。舞楽面能面より大型で後頭部をおおうようになっている。伎楽面は諸記録により約 1000種あったことが知られ,治道呉女婆羅門など異なった表情を写し,鳥や獅子などを表わすものもある。材料は乾漆もあるが,くすのき,ひのき,きりが主。丹,朱,緑青を塗り,髪や眉,ひげを植毛したものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

伎楽面【ぎがくめん】

伎楽に用いられる面。治道(ちどう),獅子,呉公(ごこう),金剛(こんごう),迦楼羅(かるら),崑崙(こんろん),呉女(ごじょ),力士,婆羅門(ばらもん),大孤(たいこ),酔胡(すいこ)など多くの種類がある。帽子のようにかぶるので後頭部まで造られ,大きいのが特徴。法隆寺,東大寺,正倉院などに木彫あるいは乾漆製の面が230近く伝わっており,捨目師(すてめし)や基永師(きえいし)などの作者名も知られている。
→関連項目仮面

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎがくめん【伎楽面】

伎楽に用いた仮面。後頭部までもおおうよう大形に作られ、その表情は誇張されている。正倉院・法隆寺・東大寺などに伝存する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎがく‐めん【伎楽面】

〘名〙 伎楽で舞人が用いた仮面。多くは桐材でつくられ、型は能楽の面よりもかなり大きく、頭のうしろを布でかくして深くかぶるようにして用いた。獅子、金剛、迦楼羅(かるら)、崑崙(こんろん)、力士、婆羅門、酔胡従(すいこじゅう)などの面が、正倉院や法隆寺などに現存する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の伎楽面の言及

【仮面】より

…歴史時代の大陸文化の渡来とともに出現する演技用仮面までの仮面の空白期間は,仮面儀礼の欠如を示すものか,今後検討を要する。【田中
[諸芸能にみる日本の仮面]
 日本の仮面は,原始時代の呪術的な土製仮面から一つの断絶をへて急に発展した歌舞・演劇的な伎楽面(伎楽)に移行する。6世紀ころ,仏教文化の渡来とともに日本にもたらされた伎楽は,当時の中国大陸で,西方起源らしいあとを残しながら形成されたものと考えられ,日本では7~8世紀を通じて,宮廷とおもな寺院に拠って栄えたが,やがてその地位を舞楽に明け渡す。…

【伎楽】より

…ただ《獅子》《呉公》《大孤》の笛パートは林謙三(1899‐1976)によって復元され,レコード化されている(《天平・平安時代の音楽――古楽譜の解読による》,日本コロムビア,1965)。雅楽【田辺 史郎】
[伎楽面]
 狭義の伎楽には各種の伎面が用いられている。古代に伎楽具を蔵していた奈良の法隆寺や東大寺,西大寺,京都の広隆寺,福岡観世音寺などの記録や遺品から分類すると,その一組はおよそつぎの14種,23面となる。…

※「伎楽面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android