相枕(読み)あいのまくら

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐の‐まくら あひ‥【相枕】

〘名〙
① 夫婦が共寝に用いる長い枕。また、その共寝。
※御伽草子・和泉式部(室町末)「あひのまくらの睦言(むつごと)に、はづかしとや思ひけん、五条の橋に捨にけり」
② 夫(あるいは妻)、または情人をいう。
※浄瑠璃・卯月の紅葉(1706頃)上「なふなつかしのあひのまくらや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android