情人(読み)ジョウジン

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じん〔ジヤウ‐〕【情人】

恋愛関係にある人。情事の相手。愛人いろ。じょうにん。

じょう‐にん〔ジヤウ‐〕【情人】

じょうじん(情人)
[補説]書名別項。→情人

じょうにん【情人】[書名]

北原武夫の小説集。昭和47年(1972)刊。「霧雨」と「黄昏」の2部からなる。酒場で知り合った若い女性にのめりこんでいく中年男性の姿を描く。
山口洋子の短編小説。副題は「アマン」。昭和55年(1980)発表。作詞家として知られた著者による処女小説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android