コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良繍 さがらぬい

1件 の用語解説(相良繍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相良繍
さがらぬい

日本刺繍の技法の一種。玉繍,いぼ繍,こぶ繍ともいう。糸を布の裏から表へ通し,そこで結び玉をつくって再び裏へ返し,刺し進める。この結び玉を連ね,あるいは集合させて文様をつくる。奈良国立博物館蔵『釈迦説法図繍帳』が代表的な作例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相良繍の関連キーワード絵梨子地日本刺繍・日本刺繡陰縫い相良繍い肉合彫刺繍台日本刺繍フランス刺繍リボン刺繍平野利太郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone