相馬孟胤(読み)そうま たけたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬孟胤 そうま-たけたね

1889-1936 大正-昭和時代前期の華族。
明治22年8月14日生まれ。相馬順胤(ありたね)の子。東京帝大で植物学を研究。宮内省にはいり新宿御苑に勤務。大正11年式部官となり,のち楽部長をかねる。欧米,インドを漫遊。能楽の大衆化をはかり,昭和10年日比谷音楽堂で雅楽を公開した。子爵。昭和11年2月23日死去。48歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android