コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新宿御苑 しんじゅくぎょえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新宿御苑
しんじゅくぎょえん

東京都の新宿区と渋谷区にまたがる公園。面積は約 58万 3000m2。もと江戸時代,信濃国高遠藩主内藤氏の下屋敷で,安永年間 (1772~80) の築造と推定される。明治初期は果樹,野菜,養蚕,製茶などの指導農場の役割を果し,1879年宮内省の所管となってからは,花卉,野菜,果樹の温室栽培が行われ,日本の園芸農業の発祥地となった。 1901年から5ヵ年計画で庭園に改造,皇室領として国家的行事に利用された。第2次世界大戦後は公園として一般に開放され,71年7月以降は環境庁 (現環境省) の所管。明治,大正期の造園を代表する名園で,日本式,洋式の庭園があり,園芸試験場の歴史を受継いで菊や温室花卉などが多いのも特色。 89年昭和天皇崩御の際には「大葬の礼」がとり行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんじゅく‐ぎょえん〔‐ギヨヱン〕【新宿御苑】

東京都新宿区から渋谷区にまたがる公園。もと、信州高遠(たかとお)藩主内藤氏の下屋敷で、明治12年(1879)宮内省所管となり、昭和24年(1949)に公園として開放。現在は環境省所管。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新宿御苑【しんじゅくぎょえん】

東京都新宿・渋谷両区にまたがる国民公園。面積約58万m2。江戸時代は高遠藩内藤氏の下屋敷。1879年以降,宮内省所管の植物御苑として,日本で初めてヒマラヤスギプラタナスなどの樹木を輸入,1906年にはフランス人H.マルティネ設計の洋式庭園が完成し,現名称となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんじゅくぎょえん【新宿御苑】

東京都新宿区,渋谷区にまたがる面積58.3haの庭園。江戸時代は信州高遠藩主内藤家の下屋敷であった。1872年(明治5)政府の殖産興業政策から隣接地をあわせて大蔵省所管(のちに内務省)の内藤新宿試験場となり,牧畜,園芸の改良が行われた。このため日本の園芸発祥の地とされる。なお,内務省管轄下で農業,園芸の教育施設として場内に設置された農学寮はのち農学校と改称,さらに駒場へ移され駒場農学校(東京大学農学部の前身)となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんじゅくぎょえん【新宿御苑】

新宿区と渋谷区にまたがる公園。高遠城主内藤氏の下屋敷跡。環境省所管の国民公園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新宿御苑
しんじゅくぎょえん

東京都新宿区、渋谷区にまたがる広大な国民公園。江戸時代、雑木林の続く武蔵野(むさしの)台地で、信州(長野県)高遠(たかとお)藩主内藤家の下屋敷のあった所。当時は玉川上水が引かれ玉川園とよばれた。1872年(明治5)国有地となり農事試験場が置かれ、1879年宮内省管轄の新宿植物御苑となり、フランスのアンリ・マルチネの設計によって純フランス式庭園として1906年(明治39)完成。面積約58万平方メートル、西洋庭園・日本庭園と児童遊園のほか大温室があり、第二次世界大戦後1949年(昭和24)に国民公園として開放された。JR新宿駅の南東約500メートルにあり、北端に新宿通り(甲州街道・国道20号)が通る。北東端近くに玉川上水の碑がある。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新宿御苑の関連キーワード閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会報告書(中曽根内閣による要請に基づく)東京都新宿区内藤町新宿(しんじゅく)国内でのデング熱夢御崎ピンク東京都新宿区相馬 孟胤福羽 逸人桜を見る会清水 釘吉渋谷(区)新宿(区)キャベツ玉川上水袰川有希二荒芳之千駄ヶ谷清水釘吉相馬孟胤国有財産

新宿御苑の関連情報