コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬憲胤 そうま のりたね

1件 の用語解説(相馬憲胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬憲胤 そうま-のりたね

?-? 南北朝時代の武士。
相馬胤頼(たねより)の子。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年(1367)陸奥(むつ)行方(なめかた)郡(福島県)の諸村を父からうけつぐ。至徳3=元中3年国大将石橋棟義(むねよし)から所領支配をみとめられ,別に同郡や名取郡(宮城県)増田郷などの諸村を兵糧料所としてあたえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

相馬憲胤の関連キーワード高徳北周北斉吉野朝時代上山高元相馬胤頼相馬光胤南部政行三島外記和田茂実

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone