至徳(読み)シトク

大辞林 第三版の解説

しとく【至徳】

最上の徳。また、それを備えた人。

しとく【至徳】

北朝の年号(1384.2.27~1387.8.23)。永徳のあと、嘉慶の前。後小松天皇の代。将軍は足利義満。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しとく【至徳】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1384年から1387年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は永徳(えいとく)。次元号は嘉慶(かきょう)。1384年(永徳4)2月27日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『孝経(こうきょう)』を出典とする命名。至徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は、弘和(こうわ)(1381~1384年)、元中(げんちゅう)(1384~1392年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しい‐とく【至徳】

〘名〙 「しとく(至徳)」の慣用読み。〔文明本節用集(室町中)〕

し‐とく【至徳】

[1] 〘名〙 この上ない徳。最上の徳。しいとく。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「真実者聖体円備非偽曰真。至徳凝然無虚曰実」 〔易経‐繋辞上〕
[2] 南北朝時代、北朝の後小松天皇の代の年号。永徳四年(一三八四)二月二七日甲子革令により改元。南朝の後亀山天皇元中元年(一三八四)から同四年に至る間に当たる。将軍は足利義満、管領斯波義将の時代。出典は「孝経‐開宗明義章」の「先王有至徳要道、以順天下、民用和睦、上下無怨」とあるのによる。至徳四年(一三八七)八月二三日、嘉慶(かけい)と改元。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至徳の関連情報