コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至徳 シトク

デジタル大辞泉の解説

し‐とく【至徳】

この上なく立派な。最高の徳。また、その徳を備えた人。

しとく【至徳】[年号]

北朝時代、北朝後小松天皇の時の年号。1384年2月27日~1387年8月23日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しとく【至徳】

最上の徳。また、それを備えた人。

しとく【至徳】

北朝の年号(1384.2.27~1387.8.23)。永徳のあと、嘉慶の前。後小松天皇の代。将軍は足利義満。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しとく【至徳】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1384年から1387年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は永徳(えいとく)。次元号は嘉慶(かきょう)。1384年(永徳4)2月27日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『孝経(こうきょう)』を出典とする命名。至徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は、弘和(こうわ)(1381~1384年)、元中(げんちゅう)(1384~1392年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

至徳の関連キーワード愛媛県大洲市大洲聖助法親王(2)新後拾遺和歌集国士舘高等学校近衛道嗣(2)正親町三条公雅友重(3代)道円入道親王波多野通郷善法寺了清真阿(2)成阿(1)国士舘大学小早川宗平中興閒気集蛭田玄仙卓然宗立中庭宗可九峰信虔香林讖桂

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至徳の関連情報