コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至徳 シトク

5件 の用語解説(至徳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐とく【至徳】

この上なく立派な徳。最高の徳。また、その徳を備えた人。

しとく【至徳】[年号]

南北朝時代、北朝後小松天皇の時の年号。1384年2月27日~1387年8月23日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しとく【至徳】

最上の徳。また、それを備えた人。

しとく【至徳】

北朝の年号(1384.2.27~1387.8.23)。永徳のあと、嘉慶の前。後小松天皇の代。将軍は足利義満。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

しとく【至徳】

日本の元号(年号)。室町時代南北朝時代)の1384年から1387年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は永徳(えいとく)。次元号は嘉慶(かきょう)。1384年(永徳4)2月27日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『孝経(こうきょう)』を出典とする命名。至徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は、弘和(こうわ)(1381~1384年)、元中(げんちゅう)(1384~1392年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

至徳の関連キーワード南北朝時代永和嘉慶康安康永康応貞治文和明徳吉野朝時代

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

至徳の関連情報