至徳(読み)シトク

大辞林 第三版の解説

しとく【至徳】

最上の徳。また、それを備えた人。

しとく【至徳】

北朝の年号(1384.2.27~1387.8.23)。永徳のあと、嘉慶の前。後小松天皇の代。将軍は足利義満。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しとく【至徳】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1384年から1387年まで、後小松(ごこまつ)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は永徳(えいとく)。次元号は嘉慶(かきょう)。1384年(永徳4)2月27日改元。1384年は甲子(かっし)の年にあたり、甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『孝経(こうきょう)』を出典とする命名。至徳年間の南朝の天皇は後亀山(ごかめやま)天皇。南朝は、弘和(こうわ)(1381~1384年)、元中(げんちゅう)(1384~1392年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至徳の関連情報