省エネラベル(読み)ショウエネラベル

デジタル大辞泉の解説

しょうエネ‐ラベル〔シヤウ‐〕【省エネラベル】

エネルギー消費機器の省エネ性能を表示するラベル。ECCJ(省エネルギーセンター)が情報を提供。平成12年(2000)8月にJIS規格として導入された。ラベルには国の目標値を達成しているかどうか、省エネ基準の達成率、達成目標年度、エネルギー消費効率などの情報が記載されている。省エネ型製品の普及・促進を目的とし、エアコン・テレビ・冷蔵庫・パソコンなど18品目に表示されている。→統一省エネラベル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android