省エネルギービル(読み)しょうエネルギービル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「省エネルギービル」の意味・わかりやすい解説

省エネルギービル
しょうエネルギービル

2度の石油危機契機として進歩した省エネルギー技術を活用して消費エネルギーを大幅に減らしたビル。良質の断熱材太陽エネルギーの利用,太陽熱体温など廃熱回収,高効率のヒートポンプ式冷暖房装置,機能的な局所照明などの技術を活用する。 1977年に完工した大阪の阪急グランド・ビルを第1号として次々に建てられ,現在ではエネルギー削減率が 70%を超えたビルもある。削減率 20%程度では建設費が従来のビルと変わらず,削減率が大きい場合には建設費の増加分がエネルギー経費の減少によって数年で回収される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android