コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県社 ケンシャ

デジタル大辞泉の解説

けん‐しゃ【県社】

旧制度の神社社格の一。官・国幣社より下、郷社(ごうしゃ)より上で、県から奉幣した神社。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしゃ【県社】

旧社格の一。県から幣帛へいはくを奉った神社。府社と同格。 → 社格

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の県社の言及

【府県社】より

…1871年(明治4)制定の神社社格の一つ。府社,県社のこと。同年5月,政府は太政官布告で,官社以下定額,神官職制,神社規則を制したなかで,官社以外を諸社とし,それを府社,藩社,県社,郷社に区別したが,同年7月廃藩後,藩社は県社とし,また同年郷社の下に村社,無格社をおいた。…

※「県社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

県社の関連キーワード大山阿夫利神社都久夫須麻神社祐徳稲荷神社報徳二宮神社箭弓稲荷神社富士浅間神社隅田八幡神社手向山神社宮地嶽神社和布刈神社都波岐神社筑波山神社葛飾八幡宮大国魂神社阿夫利神社三峰神社西宮神社江島神社乃木神社広峰神社

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県社の関連情報