コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷社 ゴウシャ

大辞林 第三版の解説

ごうしゃ【郷社】

旧社格の一。県社の下、村社の上に位置づけられ、地方官の管理下にあって奉幣を受けた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷社
ごうしゃ

神社の旧社格の一つ。1871年(明治4)太政官(だじょうかん)布告により社格制度が新たに定められた際、官社以外の神社を諸社といい、府社、藩社(はんしゃ)(廃藩後は府県社と改称)、県社、郷社、村社が定められた。郷社は府県社に次ぐ郷邑(きょうゆう)の産土神(うぶすながみ)で、村社よりも崇敬範囲が広く、一地方にわたって崇敬される中心的神社をあてた。[岡田荘司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郷社の言及

【府県社】より

…府社,県社のこと。同年5月,政府は太政官布告で,官社以下定額,神官職制,神社規則を制したなかで,官社以外を諸社とし,それを府社,藩社,県社,郷社に区別したが,同年7月廃藩後,藩社は県社とし,また同年郷社の下に村社,無格社をおいた。よって官社すなわち官国幣社に対して,諸社いわゆる民社の中では最上級の社格で,地方官の所管に属し,職員として祠官,祠掌がおかれ,1894年以後社司,社掌と改められた。…

※「郷社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

郷社の関連キーワード曽根崎天神・曾根崎天神貴船神社(神奈川県)滋賀県大津市瀬田世良田東照宮道明寺天満宮由良比女神社櫛引八幡宮善知鳥神社鮎貝八幡宮今宮戎神社井草八幡宮摂社・末社牛島神社官国幣社武雄神社淡島神社今宮神人帯広神社金峯神社杉田定一

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android