コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社格 しゃかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社格
しゃかく

神社の等級格式。上代には天社 (あまつやしろ) ,国社 (くにつやしろ) の別があり,律令が制定されると,官幣大社小社国幣の大社,小社の別が立てられた。明治に入ってからは,官幣の大社,中社,小社,国幣の大社,中社,小社,別格官幣社府社県社郷社村社無格社などの別が定められたが,第2次世界大戦後廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐かく【社格】

国家が神社を待遇するうえで設けた格式。日本書紀崇神天皇七年の条には天社(あまつやしろ)国社(くにつやしろ)を定めたとあり、律令体制が整ってからは式内社式外(しきげ)社官幣社国幣社および二十二社などの別があった。明治4年(1871)太政官布告により全国の神社は官社諸社に大別された。前者には各大・中・小の官幣社国幣社、および別格官幣社、後者には府県社郷社村社無格社の区分があった。昭和21年(1946)神社の国家管理と社格制度は廃止。
会社の、その業界での格づけ・ランク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかく【社格】

神社の格,等級のこと。神社が国家の管理下にあった時代,神社の祭神,由緒,一般の崇敬度,規模などによりその待遇上の差をつけた等級のこと。《日本書紀》崇神天皇の条に天社(あまつやしろ)・国社(くにつやしろ)を定めたことがみられるが,律令体制の整備とともに《続日本紀》に706年(慶雲3)諸国神社のうち,甲斐,信濃越中但馬,土佐等の国の19社を祈年祭幣帛を奉る社に加えたことがみられ,以後神祇官の管する官社の名がみえ,また律で大社があり,このほかに中・小社の区分をしていたらしいこともみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃかく【社格】

神社の格式。古く、日本書紀の「天社あまつやしろ」「国社くにつやしろ」に萌芽がみられ、律令制度の整備につれて明確に定められた。「延喜式神名帳」には、官社を官幣社と国幣社に分け、さらにその各々を大社と小社に二分し、その大社の中から名神みようじんを定めたことが記されている。これらはその格によって幣帛の品目・数量に格差が設けられていた。また、律令制の崩壊しはじめた平安後期以降、朝廷から特別の待遇を与えられた近畿地方の大社や、国司の崇敬を受けた一宮いちのみや、一国の総社などは一般の神社とは区別して特別に扱われた。明治になり1871年(明治4)の太政官だじようかん布告で、大・中・小の官幣社、および別格官幣社、大・中・小の国幣社、府県社・郷社・村社・無格社に分けて位置づけたが、1946年(昭和21)に廃止。
会社の格式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

社格の関連キーワード延喜式神名帳宗源の宣旨護国神社官国幣社官幣大社国幣大社神名帳二の宮末社神格名神摂社神職社号

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android