コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社格 しゃかく

4件 の用語解説(社格の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社格
しゃかく

神社の等級,格式。上代には天社 (あまつやしろ) ,国社 (くにつやしろ) の別があり,律令が制定されると,官幣の大社,小社,国幣の大社,小社の別が立てられた。明治に入ってからは,官幣の大社,中社,小社,国幣の大社,中社,小社,別格官幣社,府社,県社,郷社,村社,無格社などの別が定められたが,第2次世界大戦後廃止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐かく【社格】

国家が神社を待遇するうえで設けた格式。日本書紀崇神天皇七年の条には天社(あまつやしろ)国社(くにつやしろ)を定めたとあり、律令体制が整ってからは式内社式外(しきげ)社官幣社国幣社および二十二社などの別があった。明治4年(1871)太政官布告により全国の神社は官社諸社に大別された。前者には各大・中・小の官幣社国幣社、および別格官幣社、後者には府県社郷社村社無格社の区分があった。昭和21年(1946)神社の国家管理と社格制度は廃止。
会社の、その業界での格づけ・ランク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかく【社格】

神社の格,等級のこと。神社が国家の管理下にあった時代,神社の祭神,由緒,一般の崇敬度,規模などによりその待遇上の差をつけた等級のこと。《日本書紀崇神天皇の条に天社(あまつやしろ)・国社(くにつやしろ)を定めたことがみられるが,律令体制の整備とともに《続日本紀》に706年(慶雲3)諸国神社のうち,甲斐,信濃,越中,但馬,土佐等の国の19社を祈年祭に幣帛を奉る社に加えたことがみられ,以後神祇官の管する官社の名がみえ,また律で大社があり,このほかに中・小社の区分をしていたらしいこともみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃかく【社格】

神社の格式。古く、日本書紀の「天社あまつやしろ」「国社くにつやしろ」に萌芽がみられ、律令制度の整備につれて明確に定められた。「延喜式神名帳」には、官社を官幣社と国幣社に分け、さらにその各々を大社と小社に二分し、その大社の中から名神みようじんを定めたことが記されている。これらはその格によって幣帛の品目・数量に格差が設けられていた。また、律令制の崩壊しはじめた平安後期以降、朝廷から特別の待遇を与えられた近畿地方の大社や、国司の崇敬を受けた一宮いちのみや、一国の総社などは一般の神社とは区別して特別に扱われた。明治になり1871年(明治4)の太政官だじようかん布告で、大・中・小の官幣社、および別格官幣社、大・中・小の国幣社、府県社・郷社・村社・無格社に分けて位置づけたが、1946年(昭和21)に廃止。
会社の格式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

社格の関連キーワードゴッド神威霊幸ふ単一神・霊霧の果て/神谷玄次郎捕物控神田町神明町ハラ(神)ミン(神)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社格の関連情報