コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真っ平御免 マッピラゴメン

デジタル大辞泉の解説

まっぴら‐ごめん【真っ平御免】

[連語]
全くいやであること。まっぴら。「お説教は真っ平御免だ」
許しを請うときの言葉。
「何卒(どうぞ)―なすって、向後屹(きっ)と気を着けまする」〈鏡花・夜行巡査〉
人を訪ねたり辞去したりするときのあいさつの言葉。
「もし、―ねえ」〈滑・七偏人・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まっぴらごめん【真っ平御免】

全く御免こうむりたいこと。全くいやなこと。 「語学とか文学とか云ふものは-だ/坊っちゃん 漱石
相手に許しを請うときに言う言葉。 「悪態を吐きました事は何卒どうぞ-なすつて/真景累ヶ淵 円朝
(感動詞的に用いて)人の前を通るときや辞去・訪問の際の挨拶あいさつ言葉。 「それぢやあ-なさい、と上にあがりて/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真っ平御免の関連キーワード当世書生気質真景累ヶ淵真っ平連語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android