コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真っ返様 マッカイサマ

デジタル大辞泉の解説

まっ‐かいさま〔‐かひさま〕【真っ返様】

[名・形動ナリ]まっかえさま」の音変化。
「徳兵衛めがうせ、―に言ふとても、必ずまことにしやるなや」〈浄・曽根崎

まっ‐かえさま〔‐かへさま〕【真っ返様】

[名・形動ナリ]前後・表裏などがまったく反対であること。また、そのさま。まっかいさま。
「某(それがし)先へ駆け抜けて、―に言上し」〈浄・会稽山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まっかいさま【真っ返様】

( 名 ・形動 )
「まっかえさま」の転。 「徳兵衛めがうせ-にいふとても/浄瑠璃・曽根崎心中」

まっかえさま【真っ返様】

( 名 ・形動 )
表裏、前後などが全く逆であること。正反対なこと。また、そのさま。まっかいさま。 「三日前から仕過しの、僭上は-、巾着振ひ底を叩いて。是で御免と詫びるもあり/浄瑠璃・会稽山」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報