コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽根崎心中 ソネザキシンジュウ

デジタル大辞泉の解説

そねざきしんじゅう〔そねざきシンヂユウ〕【曽根崎心中】

浄瑠璃。世話物。3巻。近松門左衛門作。元禄16年(1703)大坂竹本座初演。曽根崎天神で起きたお初と徳兵衛との情死事件を扱ったもので、近松世話物の第1作。お初徳兵衛
を原作とする、増村保造監督・脚本による映画の題名。昭和53年(1978)公開。出演は梶芽衣子宇崎竜童ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

曽根崎心中

1983年公開の日本映画。監督:栗崎碧、原作:近松門左衛門、録音:吉田庄太郎。出演:吉田玉男、吉田蓑助、竹本織大夫、豊竹呂大夫、鶴沢清治ほか。第36回毎日映画コンクール録音賞受賞。

曽根崎心中

1978年公開の日本映画。監督・脚本:増村保造、原作:近松門左衛門、脚本:白坂依志夫、撮影:小林節雄。出演:梶芽衣子、宇崎竜童、井川比佐志、左幸子、橋本功、木村元、灰地順ほか。第33回毎日映画コンクール女優演技賞(梶芽衣子)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽根崎心中
そねざきしんじゅう

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。三段。近松門左衛門作。1703年(元禄16)5月7日より大坂・竹本座初演。前月の4月7日(23日とも)曽根崎で起きたお初、徳兵衛の心中事件をただちに脚色したもので、近松最初の世話浄瑠璃、また心中物流行の端緒となった作として、近世戯曲史上大きな意義をもつ。大坂内本町(うちほんまち)の醤油(しょうゆ)商平野屋の手代徳兵衛は、北の新地の遊女天満屋(てんまや)お初と深く契り、主人の妻の姪(めい)との祝言を断るので、継母が受け取った持参金の返却を迫られ、ようやく母から取り戻した二貫目の金を、油屋九平次(くへいじ)に詐取されたうえ、証文偽造の罪を着せられ生玉(いくたま)の社(やしろ)で暴行を受ける。死を決した徳兵衛はひそかに天満屋を訪れ、お初と愛を誓い合い、夜、更けてから手を取り合って店を逃れ、曽根崎の森で心中する。
 相続制度と金銭という二つのかせのなかに立たされた男女が愛を貫くため死を求める姿を叙情的に描いたもので、天満屋を訪れた徳兵衛がお初の打掛に覆われて縁の下に隠れ、足にさわって愛情を確かめるくだりの描写や、「この世の名ごり夜もなごり……」の道行の名文が優れている。後世にさまざまな改作が生まれたが、歌舞伎(かぶき)では1953年(昭和28)2世中村鴈治郎(がんじろう)・扇雀(せんじゃく)父子が宇野信夫(のぶお)の補綴(ほてい)脚本で演じたのが大好評を得て、同父子の当り芸になり、その後、文楽(ぶんらく)人形浄瑠璃でも原作に忠実な形で上演するようになった。[松井俊諭]
『森修・鳥越文蔵他校注・訳『日本古典文学全集43 近松門左衛門集1』(1972・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

曽根崎心中の関連キーワード掻きしゃなぐる・搔きしゃなぐるけんにょも無いやみらみっちゃ顔佳花・貌佳花辰松八郎兵衛ありべかかり野沢松之輔死なず甲斐内儀・内義世話浄瑠璃横手を打つ頼もし立て下家・下屋仏神水波どう掏摸阿木燿子さあんすまじくら砂にする涙片手に

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曽根崎心中の関連情報