コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真円度 しんえんどdeviation from roundness

世界大百科事典 第2版の解説

しんえんど【真円度 deviation from roundness】

真円度は円形形体の幾何学的に正しい円からの狂いの大きさである。その大きさは円形形体を二つの同心の幾何学的に正しい円で挟んだとき,同心2円の間隔が最小となるときの2円の半径差をもって表す(図1のa)。このほか,円形形体の最小二乗法で求めた平均円の中心と同心の二つの幾何学的円で挟んだ半径差で表す場合(図のb),円形形体に外接する円の中心と同心の内接円との半径差で表す場合(図のc),円形形体に内接する円の中心と同心の外接との半径差で表す場合(図のd)があり,円形形体の使用条件で選択される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

真円度の関連キーワードホーニングリーマー真球度研削

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android