真村蘆江(読み)まむら ろこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真村蘆江 まむら-ろこう

1755-1795 江戸時代中期-後期の画家。
宝暦5年生まれ。肥前長崎の人。南蘋(なんぴん)派の熊代熊斐(くましろ-ゆうひ),のち清(しん)(中国)の方西園(ほう-せいえん)にまなび,独自の画風をたてた。寛政7年4月24日死去。41歳。名は斐瞻。通称は長之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真村蘆江

没年:寛政7.4.24(1795.6.11)
生年宝暦5(1755)
江戸中期の南蘋派画家。名は斐瞻。通称長之助。耕霞山人と号した。長崎の人。熊斐に南蘋画風を学び,のち来舶清人方西園にも師事して自分の画風を形成。子に荒木君贍,弟子に渡辺鶴洲 らがいる。作品に「一路功名図」(個人蔵)がある。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android