真理値表(読み)しんりちひょう(英語表記)truth table

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「真理値表」の解説

真理値表
しんりちひょう
truth table

組合せ論理回路において,入力の可能なあらゆる組合せに対する出力をの形に書き表わしたもの。これから組合せ論理式を簡単に導くことができる。ただし,入出力の変数が多くなると 2n の大きさで組合せの場合の数がふえるので,実際上この表を書くことは不可能となり,他のアルゴリズミックな方法を考えなければならなくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の真理値表の言及

【命題論理学】より

…以上を表1の形にして示す。
[真理値表・〈ならば〉]
 こういった論理語の定義により,われわれは~,∧,∨,p,q,r,……によって作られるいかなる論理式についても,そこに含まれるp,q,r,……に真ないし偽の命題が代入されるどの場合についても,全体の真偽を計算することができる。例えば,pに真,qに偽な命題が代入されると,~pは偽,~qは真になる。…

※「真理値表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android