真空天秤(読み)しんくうてんびん(英語表記)vacuum balance

世界大百科事典 第2版の解説

しんくうてんびん【真空天秤 vacuum balance】

真空容器にてんびんを納めて排気し,容器外部からすべてのてんびん操作ができる装置をいう。空気中で測定することによる外界からの影響を除く必要のある質量測定に用いる。てんびんには従来の機械式の手動てんびん,直示てんびんのほか,最近では遠隔操作の容易な電気てんびんが多く使用され,秤量は質量標準の研究に用いる数kgから物性研究用の数mgに及ぶ。容器は耐真空構造のガラス製の鐘,あるいはのぞき窓付き金属製容器で,排気には真空ポンプを使用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の真空天秤の言及

【てんびん(天秤)】より

…(2)専用てんびん 試金てんびん(1~2g),化学てんびん(100~200g),調剤てんびん(50g)など。(3)特殊てんびん 比重てんびん(液体などの比重測定用),ガスてんびん(気体の密度測定用),乾燥てんびん(固体などの水分測定用),真空てんびん(真空中での秤量用),熱てんびん(物質の熱的質量変化の測定用),隔離てんびん(遠隔操作による質量測定用,キログラム原器との比較に用いる原器用てんびんの感量は1/104mgにも及ぶ)など。(4)トーションバランス 微小質量を細線のねじり弾性力でつり合わせるてんびん。…

※「真空天秤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android