コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋儀十 まなべ ぎじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋儀十 まなべ-ぎじゅう

1891-1982 大正-昭和時代の政治家,俳人。
明治24年9月16日生まれ。明大在学中から普選運動にかかわり,大正9年憲政会にはいる。昭和5年衆議院議員(当選6回)。俳句を高浜虚子らにまなぶ。深川芭蕉庵関連の資料を収集し,のち東京都江東区の芭蕉記念館に譲渡した。昭和57年4月29日死去。90歳。長崎県出身。号は蟻十。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真鍋儀十の関連キーワード昭和時代政治家俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android