コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真間手児名 ままのてこな

1件 の用語解説(真間手児名の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ままのてこな【真間手児名】

下総国葛飾郡真間(現,千葉県市川市真間町)に住んでいたという美少女。《万葉集》巻三,九に山部赤人高橋虫麻呂作歌,巻十四東歌(あずまうた)に2首がある。粗末な麻衣に青い襟(えり)をつけ,髪もけずらず沓(くつ)も履かずという貧しい少女だったらしいが,多くの男たちに求婚され,なんとわが身を分別したものか,花の盛りを入江に入水して果てたという。美少女・男たちの求婚・投身・娘子墓という4点で菟原処女(うないおとめ)伝説と共通点がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の真間手児名の言及

【伝説歌】より

…《万葉集》巻十六の桜児(さくらご)伝説の歌などそれ自体が伝説の一部である歌と,歌人が伝説に触れて発した詠懐の歌との二つのタイプがあるが,両者は区別して考える必要がある。万葉歌人の中でも高橋虫麻呂の伝説詠懐歌4編(水江浦島子(みずのえのうらのしまこ)(浦島太郎),上総末珠名(かみつふさのすえのたまな),勝鹿真間娘子(かつしかのままおとめ)(真間手児名(てこな)),菟原処女(うないおとめ)の伝説。いずれも巻九)は,叙事的な語りのスタイルと作者のロマンティシズムやシニシズムとあいまって出色である。…

※「真間手児名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真間手児名の関連キーワード市川国府台葛西真間の継橋真間手児奈弘法寺真間市川市動植物園アズ タイム バイ ノブコ イシカワアリゾナフリーダム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone