コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菟原処女/菟名日処女 ウナイオトメ

デジタル大辞泉の解説

うない‐おとめ〔うなひをとめ〕【菟原処女/菟名日処女】

古代の妻争い伝説の女主人公。菟原壮子(うないおとこ)と血沼壮子(ちぬおとこ)の二人に求婚され、決めかねて入水したという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菟原処女 うないおとめ

妻争い伝説の主人公。
摂津菟原(うはら)郡(兵庫県の六甲山南麓)にすんでいたという美少女。菟原壮士(うないおとこ)と血沼(ちぬ)壮士に求婚されてなやみ,生田川に身をなげ,ふたりの男も後を追う。「万葉集」で高橋虫麻呂大伴家持らにうたわれ,「大和物語」,謡曲求塚」や森鴎外「生田川」の題材になった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うないおとめ【菟原処女】

兵庫県六甲山南麓菟原(うはら)の地(現,芦屋市周辺)に住んでいたという美少女。万葉歌人高橋虫麻呂,田辺福麻呂(さきまろ),大伴家持に歌われ(巻九,十九),後世《大和物語》147段,謡曲《求塚(もとめづか)》,森鷗外の戯曲《生田川》にもなった妻争い伝説の女主人公である。慕い寄る男たちの中でとりわけ執心なのが菟原壮士(うないおとこ)と和泉国の智弩壮士(ちぬおとこ)だった。〈年齢,顔容貌,人の程ただ同じばかりなむありける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うないおとめ【菟原処女】

摂津国菟原郡(今の兵庫県芦屋市から神戸市東部にかけての地)に住んでいたという伝説上の人物。二人の男性から求婚され、悩んだ果てに自殺したという。「万葉集」「大和物語」などにみえる。葦屋あしのやの処女。あしやのうないおとめ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の菟原処女/菟名日処女の言及

【生田川説話】より

…摂津国葦屋の菟原処女(うないおとめ)をめぐる陳奴壮士(ちぬおとこ)と菟原壮士の説話。《日本書紀》巻九に〈活田〉の地名がみえる。…

【伝説歌】より

…《万葉集》巻十六の桜児(さくらご)伝説の歌などそれ自体が伝説の一部である歌と,歌人が伝説に触れて発した詠懐の歌との二つのタイプがあるが,両者は区別して考える必要がある。万葉歌人の中でも高橋虫麻呂の伝説詠懐歌4編(水江浦島子(みずのえのうらのしまこ)(浦島太郎),上総末珠名(かみつふさのすえのたまな),勝鹿真間娘子(かつしかのままおとめ)(真間手児名(てこな)),菟原処女(うないおとめ)の伝説。いずれも巻九)は,叙事的な語りのスタイルと作者のロマンティシズムやシニシズムとあいまって出色である。…

※「菟原処女/菟名日処女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菟原処女/菟名日処女の関連キーワード乙女塚・処女塚兵庫県芦屋市葦屋菟原処女真間手児名処女塚古墳芦屋・蘆屋芦屋(市)生田川説話血沼壮士夫問ひ夫問ふ行き来乙女塚小放り伝説歌八年子

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android