眼薬の木(読み)メグスリノキ

大辞林 第三版の解説

めぐすりのき【眼薬の木】

カエデ科の落葉高木。山地に生える。葉は楕円形の小葉三個から成る。葉の裏や柄に毛が多い。翼果は大きく密毛がある。樹皮を煎じて目薬に用いるのでこの名がある。また肝臓疾患に用いられる。チョウジャノキ。ミツバナ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android