コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼薬の木 メグスリノキ

大辞林 第三版の解説

めぐすりのき【眼薬の木】

カエデ科の落葉高木。山地に生える。葉は楕円形の小葉三個から成る。葉の裏や柄に毛が多い。翼果は大きく密毛がある。樹皮を煎じて目薬に用いるのでこの名がある。また肝臓疾患に用いられる。チョウジャノキ。ミツバナ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

眼薬の木の関連キーワードモミジ(紅葉)カエデ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android