コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗眼 センガン

デジタル大辞泉の解説

せん‐がん【洗眼】

[名](スル)水や薬液で目を洗うこと。「硼酸水(ほうさんすい)で洗眼する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんがん【洗眼】

眼の結膜角膜の病気の治療や消毒の目的で,流水により洗い流す操作をいう。抗生物質発見以前には,治療のための有効な薬が少なく,結膜および角膜の表面についた細菌類を物理的に洗い落とす目的で頻用され,洗眼は眼科医の基本手技の一つであった。水にはホウ酸等を溶かして滅菌効果を高めた。しかし抗生物質の発見・発達後には,結膜,角膜の細菌性疾患には,点眼を主とする抗生物質が用いられるようになり,これが有効に作用することがわかってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せんがん【洗眼】

( 名 ) スル
水や薬液で目を洗うこと。 「泳いだあと-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗眼
せんがん

眼瞼(がんけん)(まぶた)や結膜嚢(のう)を洗浄する処置をいう。洗浄液には生理食塩液、ホウ酸水などが用いられる。目やに、有害物質を洗い去るのが目的である。とくに有害物質に対しては救急処置として洗眼は必須(ひっす)である。かつては眼外部疾患には洗眼が広く行われ、目やにを除き、薬物が粘膜面に到達しやすくする効果を目的とした。しかし、たとえばウイルス性結膜炎では、有効な薬物がないほか、洗眼によって汚染の機会が増し、院内感染を助長することもあり、眼科処置としての洗眼は現在あまり行われなくなった。[内田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

洗眼の関連キーワード仙・僭・先・剪・千・占・宣・専・專・尖・川・戦・戰・扇・撰・擅・旋・染・栓・殲・泉・洗・浅・淺・潛・潜・煎・煽・疝・癬・穿・箋・箭・籤・線・繊・纖・羨・腺・船・薦・詮・譫・賤・践・踐・遷・選・銑・銭・錢・閃・阡・餞・饌・鮮かぜとインフルエンザの予防メグスリノキ(眼薬の木)薬草治療は世界の潮流マーキュロクロムアイローションアンモニア中毒メグスリの木メグスリノキ硼酸・ホウ酸メギ(目木)黄連・黄蓮咽頭結膜熱桝木亜子眼薬の木催涙ガス内田幸男救急車プール点眼剤

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android