コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗眼 センガン

4件 の用語解説(洗眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐がん【洗眼】

[名](スル)水や薬液で目を洗うこと。「硼酸水(ほうさんすい)で洗眼する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんがん【洗眼】

眼の結膜,角膜の病気の治療や消毒の目的で,流水により洗い流す操作をいう。抗生物質発見以前には,治療のための有効な薬が少なく,結膜および角膜の表面についた細菌類を物理的に洗い落とす目的で頻用され,洗眼は眼科医の基本手技の一つであった。水にはホウ酸等を溶かして滅菌効果を高めた。しかし抗生物質の発見・発達後には,結膜,角膜の細菌性疾患には,点眼を主とする抗生物質が用いられるようになり,これが有効に作用することがわかってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんがん【洗眼】

( 名 ) スル
水や薬液で目を洗うこと。 「泳いだあと-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗眼
せんがん

眼瞼(がんけん)(まぶた)や結膜嚢(のう)を洗浄する処置をいう。洗浄液には生理食塩液、ホウ酸水などが用いられる。目やに、有害物質を洗い去るのが目的である。とくに有害物質に対しては救急処置として洗眼は必須(ひっす)である。かつては眼外部疾患には洗眼が広く行われ、目やにを除き、薬物が粘膜面に到達しやすくする効果を目的とした。しかし、たとえばウイルス性結膜炎では、有効な薬物がないほか、洗眼によって汚染の機会が増し、院内感染を助長することもあり、眼科処置としての洗眼は現在あまり行われなくなった。[内田幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗眼の関連キーワード角膜炎病理学気の病角膜翳目薬角膜上皮角膜水腫結膜弛緩症治療食結膜炎 (conjunctivitis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洗眼の関連情報