コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散瞳 さんどう mydriasis

4件 の用語解説(散瞳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散瞳
さんどう
mydriasis

瞳孔が拡大すること。瞳孔括約筋の麻痺による場合と,瞳孔散大筋けいれんによる場合とがある。前者は,動眼神経麻痺副交感神経麻痺剤 (アトロピンホマトロピン,ミドリンなど) の点眼,外傷,緑内障などが原因で起り,瞳孔は極度に拡大し,対光反応輻輳反応が消失する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐どう【散瞳】

瞳孔が散大した状態。生理的には暗い所で起こり、病的には脳内出血緑内障などで起こる。⇔縮瞳

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんどう【散瞳】

瞳孔が径4ミリメートル 以上に散大すること。また、散大した状態。正常な眼では暗転や驚き・痛みなどの刺激で起こり、病的には緑内障などで起こる。 ↔ 縮瞳

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散瞳
さんどう

瞳孔が大きくなった状態をいう。瞳孔は、暗い所や、驚き、悲しみ、痛みなどで反射的に散瞳する。年齢的にも新生児や老人では小さく2ミリメートルぐらい、20歳前後で最大の4~6ミリメートルとなる。瞳孔の大きさは瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の相互作用で変化し、前者は副交感神経、後者は交感神経に支配されている。病的散瞳は瞳孔括約筋の麻痺(まひ)や散大筋のけいれんでおき、実際には動眼神経麻痺、頭部や眼の外傷、脳内出血、脳腫瘍(しゅよう)、各種中毒、緑内障の急性発作などでおこる。また、副交感神経麻痺剤(アトロピン、サイプレジン、ミドリンなど)や交感神経刺激剤(アドレナリン、ネオシネジンなど)の点眼で散瞳がおこる。これら散瞳薬は眼底検査や子供の屈折矯正、虹彩(こうさい)毛様体炎の治療に使われる。[小暮美津子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の散瞳の言及

【瞳孔】より

…明るいところでは,瞳孔を小さくし(これを縮瞳miosisという),眼球内に入ってくる光の量を少なくする。暗いところでは,逆に瞳孔を大きくし(これを散瞳mydriasisという),眼球内に入ってくる光の量を多くする。縮瞳は瞳孔括約筋(副交感神経支配)の収縮,または瞳孔散大筋(交感神経支配)の弛緩によって起こり,散瞳は瞳孔散大筋の収縮,または括約筋の弛緩によって起こる。…

※「散瞳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

散瞳の関連キーワード黒内障瞳孔散大瞳孔反射ヴェストファール‐ピルツ現象(臨床医学)ガラッシ瞳孔現象眼輪筋現象奇異瞳孔現象笛子瞳孔筋

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

散瞳の関連情報