コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢部刑部允 やべ ぎょうぶのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢部刑部允 やべ-ぎょうぶのじょう

?-? 戦国-織豊時代の武士。
大友宗麟(そうりん)の家臣で,のち竜造寺隆信,西園寺公広(さいおんじ-きんひろ)につかえる。たいへんな力持ちで,相撲で九州にその名を知られた隆信の次男江上家種とひきわけ,伊予(いよ)(愛媛県)医王寺の約2.4mの五輪を地輪とともにもちあげたともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢部刑部允の関連キーワード大友宗麟

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android