コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地輪 ジリン

大辞林 第三版の解説

じりん【地輪】

〘仏〙 大地を支えている三輪の一。金輪こんりん
五輪塔の最下層。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地輪の言及

【塔】より

…なお,籾(もみ)塔というのは,高さ2~3寸ほどの宝篋印形木製小塔で,平安時代末から鎌倉時代にかけてのものがあり,小塔供養に用いられたものであろう。五輪塔(図4)は方形の地輪,球形の水輪,宝形造の火輪,半球形の風輪,宝珠形の空輪からなるもので,平安時代から現れ,各輪四方に梵字を彫ったものが多く,最も多くつくられた石塔である。また板碑(いたび)は五重塔の簡略化されたものともみられよう。…

※「地輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地輪の関連キーワード倫・凜・吝・悋・林・淋・燐・綸・臨・躙・輪・鈴・隣・鱗勝尾寺旧境内牓示八天石蔵および町石裲襠(りょうとう)極楽寺境内矢部刑部允春日灯籠一関市角塔婆五輪塔須弥山仏語仏塔金輪花泉五輪大地三輪

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地輪の関連情報