コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野喬子 やの きょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野喬子 やの-きょうこ

1984- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和59年6月3日生まれ。ポジションはDF。湘南学院高をへて神奈川大にすすむ。初の日本代表(現・なでしこジャパン)は大学在学中の平成15年AFCアジア女子選手権のグアム戦。19年浦和レッズレディースに入団,同年日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)新人賞,ベストイレブン。20年2度目の五輪の北京で4位入賞をはたした。21年3年連続でなでしこリーグ・ベストイレブン。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,金メダル獲得。24年ロンドン五輪代表に選ばれ,南アフリカ戦に出場して銀メダルを獲得。25年現役引退。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢野喬子の関連キーワードスペースシャトル飛行記録鈴木志郎康朝鮮映画ツイ・ハーク[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門NAVI-5(電子制御式自動5段変速機)磯崎新加山又造紀田順一郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android